アンダーステアが出やすい

まずアンダーステアとは、一定のハンドル角で旋回している時に、
速度が上昇するに従って外側に膨らんでしまうステアリング特性です。
これは前輪が横滑りしてしまうためで、FF車ではこれが起こりやすくなります。
ではなぜFF車では前輪が横滑りしやすいのでしょうか。

車が旋回中は、外側に遠心力がかかっています。
FF車はフロントにエンジンという重量物があるため、フロント側の方が遠心力が強くなります。
リア側よりフロント側が外側に行く力が強くなりますので、外側に膨らんでしまいます。

また車が前後進・旋回するためにはタイヤのグリップ力が必要なのですが、
タイヤのグリップ力は前後方向と横方向の合計が一定になります。
そのため前後方向=駆動力のグリップ力が上がれば、横方向=旋回力のグリップ力は下がります。
ですので前輪で駆動するFF車は、加速して前輪の駆動力を上げると旋回力が落ちるため、
前輪が外側に膨らんでしまいます。

更に加速中は後ろに荷重がかかるため、前輪に荷重がかかりにくくなり、
タイヤのグリップ力そのものが低下します。
なので、より前輪の旋回力が落ちて、外側に膨らんでしまいます。

以上のようなデメリットがFF車にはあります。

コメントは受け付けていません。